これは便利! 手作りコンパス

0
    福島工場のKOくんから、ガラス加工に便利な自作コンパスの紹介です。


    -----KOくんより-----------
    ガラス素材に、丸を描くのに、COMPASSを自作しました。



    写真の様に使っています。

    中心を鉛筆で固定し、素材によりマジックまたは、鉛筆で円を描きます



    【使用例】
    ・前工程の素材からの、粗削りライン位置決め
    ・円形型紙の型作成
    ・半円型紙の型作成
    ・コンパスの針でキズを付けない面へのライン

    【コンパスの作り方】
    ・1tほどのプラスチックプレートに、半径分の穴を開ける
    --------------------------------
    福島工場のKOくんは、このコンパスを利用しているので、作業も早いし間違いもないです。
    とっても便利です。みなさんも是非、ご活用ください。

    〜おわり〜










    アイデア満載、心のこもった木箱です

    0
      ガラス製品のほとんどは、石英(水晶)ガラスなので、部品の値段は高額です。
      大事なガラス部品を梱包する箱を用意してくれているのが、福島工場のKO君です。


      ←これを撮影したのは作業終了後なので、私服です。

      彼は製品の価値も良く解っているし、仲間がそれを造るのに、どれ程の努力をしたのかも、解っているので、木箱の用意も丁寧です。
      こんな彼の造る木箱を、私も社内の人も、信用しています。
      写真よりも、もっと大きな木箱梱包も手馴れています。




      梱包完成!












      運送屋さんのトラックへの積込む様子




      ◆ご依頼主様には梱包に利用した木箱のサイズも、お問合せいただければ、FAXでお知らせいたします。

      〜おわり〜

      大型「青板ガラス」の移動の様子です

      0
        この写真、福島工場で「青板ガラス」を素材に利用した、大型部品の移動風景です。表面を加工したので、これから裏返して裏面を加工するところです。
        (半製品なので、小さくしか載せられないのが残念。)



        「そんなに重いの? 人数多くない??」
        と思った人は甘いです。。
        この大きさのガラスになると、ガラス自体の重みで「たわみ」がでるんです。
        片面加工済みの製品には、「穴」「切り欠き」「ザグリ」などがあるので、たわんだ際に、そこから割れたりします。
        以前に、6人だか8人だったかで移動しようとしたら、割れました。。
        大型の青板ガラス製品は、加工時間が結構かかるので、割れると担当者は落ち込みます…
        それを考えたら、このくらいの人数は確保した方が安心ですよね。
        ちなみに、この写真は昨年のお盆休み中の写真です。
        休日でも、深夜でも、早朝でも、「青板の返し」作業があると、集まってくれます。(感謝!)

        もちろん、全て手動で移動している訳ではありません。
        作業によってはホイスト装置で、ガラスを吊り上げて機械にセットしたりしています。


        これは、加工後に穴のバリなどを、みんなでチェックしているところです。
        後ろに見えるのが、弊社最大級のマシニングセンタです。



        ガラスに付いた粘着物をどうやって取る?

        0
          【投稿者】福島工場 KOカメラマン 2008.1.25


          ガムテープ等、テープの粘着物が、ガラスに付いている時の、取り方です。

          これは傷を付けてはいけない素材なので、カッターで切り取る等出来ません。

          簡単にどうやって取るか?

          シンナーや、シール剥がし剤を使うのが普通かも知れませんが、下の写真のような、ヤカンも温められるストーブがあれば、次の方法を試してください。


          .織ルに水を少量
          ▲好函璽屬肇筌ンで挟む
          20秒から1分未満待つ
            ポイント:お湯になっていれば早い。

          火傷注意にて、「蒸しタオル」の出来上がり。
          それで…拭いちゃうんです(゜▽゜)


          綺麗になりました。
          面積によって「蒸しタオル」を何回か作ります。
          ただし、冬は気温変化により割れる可能性もあるので注意。


          現物は厚めの「青板ガラス」です。
          数分でとれます。

          〜おわり〜




          最近、人気!? 「青板ガラス」

          0
            青板ガラス(ソーダガラスとも呼ばれています)は、色が本当に青色のガラスです。「ラムネ」の瓶の色をイメージしていただくと、解り易いです。

            熱に対しては石英ほど安定性は無いのですが、熱のかからない部分の装置用の窓や、検査台の部品素材に使用されています。 




            ここ数年で、青板ガラスを材料に使用した部品の加工以来が増えてきました。
            左の写真の様に、材料自体の、透明な両面を活かした部品が多いです。
            大物になると、下準備や後処理の工程で、熱を加えた際に温度差で割れたりします。。 石英ガラスと大きく違う点です。

            ◆2210×2550mmサイズの青板ガラスまで、加工実績あります。
            ◆青板ガラスの加工の得意な担当者が数名おります。


            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>

            clock

            yokohamasekiei

            We make the parts of glass

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM