青板ガラス・加工前の重要な作業!

0
    この写真は、青板ガラスの移動の様子を撮ったものです。
    このサイズで2200mm×2600mmの大きさです。
    ( 注意:この業界は物の大きさをミリ単位で言います)


    写真の奥に見えるのが、福島工場で通称「新棟」と呼ばれている、工場です。
    「新棟」には大型のマシニングが2台入っているので、このガラスはその機械で加工します。

    でも、その前に重要な作業があります。
    この製品は、ガラス素材の「面」を、そのままの状態で製品として使うので、傷や異物が無いか確認をします。
    加工が済んでから、異物とかが発見されると大変です。
    写真のガラスには、この作業中に傷が発見されて、材料を返却しました。


    私は、この青板ガラスを加工するメンバーを勝手に、「青板チーム」と呼んでいます。
    手際よく作業する姿は、見ていて安心です。
    青板ガラスの製品は、先程の説明のように、素材面をそのまま生かす部品が多いのですが、彼らは傷を着けない様に、丁寧に作業をするし、加工に使う治具にも工夫をしているので仕上がりがキレイです。
    お取引先からも、うちの「青板チーム」の作る製品は、ご好評をいただいております。


    ◆追記◆
    素材面生かしではなく、「研磨」をするという方法もありますが、こちらは多額な費用がかかります。
    数百万円はかかるのではないでしょうか?


    〜おわり〜



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    clock

    yokohamasekiei

    We make the parts of glass

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM