大型「青板ガラス」の移動の様子です

0
    この写真、福島工場で「青板ガラス」を素材に利用した、大型部品の移動風景です。表面を加工したので、これから裏返して裏面を加工するところです。
    (半製品なので、小さくしか載せられないのが残念。)



    「そんなに重いの? 人数多くない??」
    と思った人は甘いです。。
    この大きさのガラスになると、ガラス自体の重みで「たわみ」がでるんです。
    片面加工済みの製品には、「穴」「切り欠き」「ザグリ」などがあるので、たわんだ際に、そこから割れたりします。
    以前に、6人だか8人だったかで移動しようとしたら、割れました。。
    大型の青板ガラス製品は、加工時間が結構かかるので、割れると担当者は落ち込みます…
    それを考えたら、このくらいの人数は確保した方が安心ですよね。
    ちなみに、この写真は昨年のお盆休み中の写真です。
    休日でも、深夜でも、早朝でも、「青板の返し」作業があると、集まってくれます。(感謝!)

    もちろん、全て手動で移動している訳ではありません。
    作業によってはホイスト装置で、ガラスを吊り上げて機械にセットしたりしています。


    これは、加工後に穴のバリなどを、みんなでチェックしているところです。
    後ろに見えるのが、弊社最大級のマシニングセンタです。




    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    clock

    yokohamasekiei

    We make the parts of glass

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM