注文管理DB 

0
      いままでウチの会社が、他の会社さんへ注文のお願いをする際には、Accessで作られたデータベースで管理をしていました。
    これは、随分と長い間使われていて、平成16年頃からの発注内容を年度ごとに1つのファイルで管理したものです。
    だから、何かを検索する時には、年度ごとにファイルを開いて探すという手間がありました。

    そこで、せっかく長年蓄積されたデータを、1つにまとめたいと思って、がんばって注文管理のデータベースを設定しました。

    途中うまくいかなくて、【働くDB】のサポートセンターに問い合わせて完成させたのが、コチラ。。 
    (縮小されてて見えないと思いますが。)

    rarararar.JPG
    ↑インターネット上に作ったデータベースなので、ログインが出来れば外出中でも見れます。



    そして、そこに平成16年からのAccessの発注データを、一晩かけてインポートさせました。
    その数、およそ15000件。
    (・・ )ホントニ??

    その為、【発注ID】という発注毎に付けられる管理番号も、大きくなりました。
    rararaar.JPG
    このシステム、注文書の発行と連動しています。
    だから、
    「横浜石英の注文書、かわったんだなぁ。」と思っている方も多いハズ。
    そして、
    「なんで、いきなりこんな発注IDなの?」って思ってますよね? きっと。

    ご説明したとおりの事情なので、
    「それで、こんな番号なんだ。。」と、ご理解いただけたら幸いです。

    でもね、私ですら、自分で設定したのに、
    (これでいいのかな??)と、見るたびに迷う日々を過ごしております。

    いまさら変更も面倒なので、変更しませんが。。

    --追記--
    平成16年からの、発注のデータ入力を、今までに数名の方々が携わってくれました。
    コツコツと積重ねられた15000件のデータは、横浜石英の財産だと思っています。
    ご協力いただいた皆さんに、深く感謝申し上げます。

    m(._.)m アリガトウ

    〜おわり〜




    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    clock

    yokohamasekiei

    We make the parts of glass

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM