技術力。。

0
    〜社長の奥さんのブログより〜  

    先週ですが、職業訓練校でマシニングを勉強している30代の女性と話しをする機会がありました。
    応接間のテーブルにガラス部品を並べて、加工方法やガラスと金属の研削方法の違いなどを説明した後、工場の様子を見学してもらいました。
    30代の転職でマシニングを選ぶだけあって、真面目に丁寧に私の話を聞こうとする様子から、"技術習得"に対する真剣さが伝わってきます。

    そんな、彼女は10年経てば1人前になる事が出来るのかを、訊ねてきたけれど、この質問にどう答えて良いのか、私は正直分かりませんでした。
    でもね、はっきり言えるのは、うちみたいな多品種小ロットの物作りを仕事にした時に、皆が重荷に感じるのが"納期"というもので、そのプレッシャーを乗り越えなければ、勤まらないという現実がある事。
    それと私は、技術力の前に、失敗をして製品が粉々に壊れても、次の日も会社に来てくれる人と仕事がしたいと強く思っている事。
    勉強中の彼女に、うまく伝わったかは疑問だけど、そんな事を答えました。

    ずば抜けた技術力は、本当に輝かしいもので、誰もが目指すものだけど、大失敗をした次日に、それでも会社に来てくれる人は、心から大切にしたいと思います。
    そうやって、もし10年の時を共に過ごしたのならば、その人は会社にとって掛け替えのない人で、その人自身が会社の技術です。

    〜おわり〜

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    clock

    yokohamasekiei

    We make the parts of glass

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM