材料の貼付作業の様子です

0
    ◆◆2007.10.16 掲載 (福島工場にて)◆◆

    昨日は午後から福島に行きました。
    ちょっと、慌しくて福島工場に滞在した時間は1時間半くらいだったように、思います。
    でも、ぐるりと工場を回れば、福島工場の皆の顔を見ることが出来るので、楽しいです。

    何枚か写真を撮ったので、掲載しますね。

    これは、「貼付作業」の様子です。
    貼付作業は「仮止接着剤」を使い、定盤に材料を固定する作業なのですが、「仮止接着剤」はロウのような物なので、熱で溶けている時に、材料の位置を決め、冷めると再び固まり、材料を固定する事ができます。

    でも、貼付にはコツがあって、この仮止接着剤を均一に伸ばさないと、精度の良い製品が出来ません。

    ↓うーん、かなり気合が入っています。


    均一に貼るコツは、温度を上げて良く「仮止接着剤」を溶かす事と、接着剤の中に、気泡を入れないことです。(もちろん異物混入はは論外です!)
    ちなみに、この作業、角度を変えて見てみると、こんな感じです。
    たぶん私がやったら、火傷すると思います・・・


    ガラス製の精密部品って、イメージ的に繊細な作業を想像しますが、こういう大胆な下準備も必要です。
    福島工場は、大型のガラス製品を中心に加工しているので、扱いには慣れてます。
    慣れている人の作業って、手際が良いので安心ですよね。

    〜おわり〜

    究極の下準備! 

    0
       今日は火曜日なんですねー。月曜と間違えてしまいます。。

      休み明けに、机の書類を改めて見てみたら、なんだか難しそうな書類ばかりで、ガーン!と思いました。。
      そういえば、先週の土曜営業日にも、見るのがイヤで、無視していた書類です。さすがに今日は見ないフリは出来ないので、現実を直視しました。
      今週はこれを、片付けなければ!

      夕方になり、労務士さんが来てくださったので、一緒に書類を見る事にしました。
      「横浜石英さんは、今までいろいろありましたが、これは総集編ですね。」
      と労務士さんもおっしゃってました。
      私もそう思います、、1つづつ、書類を片付けるしかないですね。
      ちなみに、これは社内トラブルではないで、ご安心下さい。

      「うーん、思ったより大変だぁ…」と考え込んで事務所に戻ってきたら、横浜工場のIくんが、製品の下準備をしたらしく、それを事務所に持ってきていました。
      下準備というのは、材料の硝子を加工しても動かないように、仮止め接着剤で固定する作業です。工場ではこの作業を「貼り付け」と呼んでいます。

      「この治具で動かないように固定して、これは1個剥がれても大丈夫なように何個か貼って…」
      と主人(社長)に工夫した箇所を説明しています。
      私も見ましたが、確かにスゴイ量の治具で貼り付けられてました。。
      ↓これです。あまり大きく撮れないところが残念ですが。



      「貼り付け」は、結構むずかしいです。 上手く貼れてないと精度のよい製品が出来ないし、加工中に剥がれると、運が悪ければ製品が割れます。
      「貼り付け」に使う、仮止め接着剤は工場で調合して作っているのですが、気温により、3種類くらい作り分けてると言っていました。

      今日のように、かんばって貼り付けた物をみると、事務職の私でも、加工が上手く出来るようにと、願ってしまいます。
      「どうか、良い製品が出来ますように!」


      〜おわり〜

      1

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      clock

      yokohamasekiei

      We make the parts of glass

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM