技術力。。

0
    〜社長の奥さんのブログより〜  

    先週ですが、職業訓練校でマシニングを勉強している30代の女性と話しをする機会がありました。
    応接間のテーブルにガラス部品を並べて、加工方法やガラスと金属の研削方法の違いなどを説明した後、工場の様子を見学してもらいました。
    30代の転職でマシニングを選ぶだけあって、真面目に丁寧に私の話を聞こうとする様子から、"技術習得"に対する真剣さが伝わってきます。

    そんな、彼女は10年経てば1人前になる事が出来るのかを、訊ねてきたけれど、この質問にどう答えて良いのか、私は正直分かりませんでした。
    でもね、はっきり言えるのは、うちみたいな多品種小ロットの物作りを仕事にした時に、皆が重荷に感じるのが"納期"というもので、そのプレッシャーを乗り越えなければ、勤まらないという現実がある事。
    それと私は、技術力の前に、失敗をして製品が粉々に壊れても、次の日も会社に来てくれる人と仕事がしたいと強く思っている事。
    勉強中の彼女に、うまく伝わったかは疑問だけど、そんな事を答えました。

    ずば抜けた技術力は、本当に輝かしいもので、誰もが目指すものだけど、大失敗をした次日に、それでも会社に来てくれる人は、心から大切にしたいと思います。
    そうやって、もし10年の時を共に過ごしたのならば、その人は会社にとって掛け替えのない人で、その人自身が会社の技術です。

    〜おわり〜

    専務の水晶玉

    0
       昨日、専務が水晶玉を手に、事務所をウロウロしてました。
      思わず、
      「えーっ、なんで持ってるの? ウチで作ったの??」と聞いてしまいました。
      「今までも数個作っているよ、今回はサンプル用に小さいのを作ったんだよ。」と専務。
      へぇーそうなんだ。
      思わず、社員割引で作ってもらおうとして、値段交渉をしたら予想外に高かった、、
      仕方が無いので、自分で工場で内職をして作ろうかと思い、作り方を聞いたら工程が面倒で、私にはムリ。
      (/_;)デキナイ

      でもね、キレイなんですよ。ほら。↓

      研磨したのかと思ったら焼き仕上でした。サイズは50Φ

      今は応接間の飾り棚に、置かれているけれど、この棚は私の管理区域内なので、広い意味で、
      「私の物だな。」と前向きに解釈しようと思います。
      水晶玉の扱い方って、良くわかんないけど、暗い棚に置かれるより、日光浴させた方が、良いんじゃないかな?
      今度やってみよう。。

      でも、こうして昨日、私の管理区域内に、"新入り"が登場したのは確かです。



      ◆追記◆
      7,8年前に、空き瓶に"石英ガラス"の端材と、粗い砂と水を入れて、福島の旋盤にセットし、約1日くらいガラガラと回転させた事があります。
      「これで、水晶玉が量産できるかも。そしたらネットで販売しよう。」と考えたのですが、曇りガラス状になっただけで、丸くなりませんでした。
      石英ガラスを丸くするのは、手間がかかるんですよ。。

      ◆注意◆
      ブログに、この手の事を書くと、「公用」として自主的に水晶玉を作る社員が現れそうですが、今はダメですよ。
      私が試した時は、ITバブル後で、旋盤があいていたんです。

      〜おわり〜



      作戦会議

      0
         福島工場のマシニングセンタという工作機械を担当している、4名に「課題」の製品を練習用に作らせています。
        4名のうち、入社2年になる社員が2名、残りの2名は入社1年未満です。
        いつも、工場で作業をしている姿は見ていましたが、じっくりと彼らの作った製品を見た事はありませんでした。
        それぞれに、師匠がついている事もあり、
        "本人の実力なのか? 師匠の実力なのか??"の見極めが今まで難しかったんです。

        でもビックリ。
        師匠の下で、着々と育っていたんですね!

        ↓これは、2個目の課題で、「ネジ加工」を出題しました。

        ほら、ガラスのネジです。
        もちろん、ちゃんと検査のSIさんが測定してくれています。
        検査票には赤字で測定数値がかかれてたり、ネジ穴についてメモがあったり
        で、
        「添削指導みたいだなぁ。。」って感じです。

        でもね、私は実はイジワルなので、本当は頭を抱えて悩む姿が見たいんです。
        ( -。-)ヒトニハ キビシイノダ
        今日は、本社マシニング担当の古株SIさんと、これから作戦会議です。
        待ってて下さいね、次の課題を!!

        〜おわり〜



        福島工場のCAD部屋紹介です

        0
          〜社長の奥さんブログより^

          これが福島工場のCAD部屋です。
          残念ながら、社外の人は入室出来ません。
          だから、初公開ですね。



          手前に見える木材は、ガラスを置く棚です。
          やっぱり、木製が安心なので、工務店に作ってもらいました。
          私がお願いしたのですが、イメージと全然違う、頑丈な造りで最初見たとき、2段ベッドが届いたのかと思いました。
          (実はしばらく立ち直れなかったくらい、予想と違う棚でした。)

          その奥に見えるのが、工程管理に使っているテーブルです。
          よく見ると、小さいカードがたくさん載っているでしょ?
          どういう風に使っているか知りたいですよね?
          でも、内緒です。企業秘密です。
          カードの状況からすると、今月の福島工場は、まだまだ生産能力に余裕があるようです。
          だから、これを読んでいるお取引先の皆様、注文くださいね。
          お願いします。
          m(._.*)mペコッ

          さて、その奥に見えるのが、マシニングメンバーが使っているPCです。
          福島工場は若い社員が多いのですが、みんなで教えあったりしてマジメにやっています。
          その姿を見て「エライなぁ…」って思っています。

          〜おわり〜

          流れる製品 〆(・・ )

          0
             コレ何だと思いますか?
            大きさを比較するのに、USBの線も一緒に写しました。




            この、丸い水玉模様は製品を削りだした、跡なんです。
            削りだした物が、製品になるので、スゴーク小さい製品です。

            ガラスを削る時には、切削液という液体を、材料にかけながら削ります。
            でも、このくらい小さくなると製品が、切削液と一緒に流れて行ってしまう事があります。
            (/_;)ナイ
             
            写真の製品は、その他にも加工者を悩ませる部分があるらしく、切削方法を変えながら、何回も試作していると聞きました。

            そういえば、福島の工場長も、むかーし悩んでましたっけ。。
            あの時は、スゴク小さいリングを加工してました。
            しかも、リング幅も狭い製品だったのを、覚えています。
            だから、加工が済むと貼り付けてある定盤から、剥がれて切削液と一緒に流れてしまい、困ってました。

            うーん、確かあの時の工場長は、数日間は悩んでましたね。
            でもね、ある晩、夢を見たそうです。
            もちろん、問題のリングを加工している「夢」です。
            夢の中の自分は、簡単にリングを作っていたそうです。
            しかも、ある手順で!!

            翌朝、嬉しそうにその話をした後、その手順を試してみたら、あっさり上手くいきました。
            「工場長って良く解んないけどスゴーイ。。」
            と思った瞬間です。

            〜おわり〜



            1

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            clock

            yokohamasekiei

            We make the parts of glass

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM