石英管から板。

0
     工場から、倉庫に眠っていた廃棄前の石英板を貰いました。
    (^^)

    それがコチラ↓
    DSC_0231.JPG

    この石英板、ちょっと変わっているんですよ。

    なぜって、この業界では通常は"石英板"というと、大きな塊から切り出した板状のガラスの事をいいます。
    だから、ガラスの表面は曇りガラス状なんです。

    でも、写真の石英板は表面がメラメラしてるけど、透明でしょ?
    (・・ )? ナンデ

    実は、"石英管"を広げて、板状に加工した"石英板"なんですって。。
    スゴイですよね。 この手間と技・・・

    重ねてもホラ。ちゃんと板状でしょ?

    DSC_0232.JPG

    私が珍しがっていると、
    「昔は、材料としてあったけど、今は見ないなぁ」と主人が言っていました。

    そうですよね、石英管を広げるのだって、ガス代かかりますものね。。

    ウチの会社は、研削と研磨加工しかしませんが、こういう加工は"火加工"といいます。
    火加工には、火加工の会社があって、専門の職人さんがいます。

    火で溶かして、石英を加工するなんて、本当に職人の世界だと思います。

    こんなに貰ったので、何を作ろうかな?
    DSC_0230.JPG

    私には、高級すぎる材料ですね。
    (^^)/゛

    〜おわり〜
     



    材質の問題です

    0
        横浜本社のSIさん、マシニング担当の超ベテランです。
      彼の事は、皆さんもご存知の人が多いんじゃないかと思います。

      そんな彼が、事務所に不良報告にやってきました。
      手にはキラキラしたガラスの破片を持っています。

      そして、彼が書いた報告書がコチラ。↓
      201210241529000.jpg

      〜報告書より〜
      材料が大きかったので、ガラス切りで切断しようとした所、なかなか切断できずプラスチックハンマーで裏面より衝撃を与え切断しようとしたが、材料を破損させてしまった。
      〜〜〜〜〜〜

      対策の欄には、
      「切断の際に、いつもと違うと感じたら、上司に報告し指示を仰ぐ。」のような事が書いてありました。

      ここまで読んで、彼が何のガラスを割ったのか解った人はエライ。
      「さすが業界人!」と私が褒めてあげますよ。

      ヒントはコチラ。  
          ↓
      (続きが表示されるのでクリックしてね。)

      ガラスの色

      0
          工場でガラスの切れ端を貰いました。
        そのガラスの色がとてもキレイです。


        201106021319000.jpg

        材質はオレンジ色のがネオセラムで、青色が青板ガラスです。
        こうやって交互に並べると色が際立ちますよね?

        (^^)ウツクシイ!

        〜おわり〜





        合成石英の泡

        0
           今日は朝からホームページの写真を入れ替えようと、PCに保存してある写真を見ていました。
          そこで、珍しい(?)写真があったので、載せますね。
          ↓コレです。

           
          これ、「合成石英」という石英の中でも、値段の高いガラスです。
          私みたいな素人でも
          「合成石英は高い。合成石英に泡はない。合成石英の紫外線透過率は良い。」
          と呪文のように覚えています。

          この泡の無い合成石英には、細かい泡はないけれど、デッカイ泡はあるんです。
          部品を作る時は、大きな泡を除けて作ります。(だから、部品に泡はナイ)

          随分前なのですが、あまりにも美しい「泡」があったので、切断をして形を整え、6面研磨加工を外注したんです。
          (私がやったんじゃないですよ。・・・ 誰が指示したんだろう??)
          今は、横浜本社の応接間に飾られているので、機会があったら見て下さいね。

          〜おわり〜








          今日も根性だしてます。。《材料入手編》

          0
             今日は主人(社長)は、朝礼の後に三重県に向けて、車で出発しました。
            こう書くと『何をやりに行ってるの?』と質問されそうですが、材料を取りに行ったんです。

            ガラス部品に使う材料って、入手困難な場合も多くて材料が工場に届くまで、時間がかかる事があります。
            加工時間を考えると、運送会社に送ってもらうより、自分達でとりに行く方が確実なんですね。。


            今日の午後3時には、材料を受取れるらしいので、そしたらスグに横浜に向けて帰ってきます。
            この依頼品は福島工場で加工するのですが、ちょうど今日は福島メンバーが研修の為に横浜に来ているので、取に行った材料を持って福島に帰る事になりました。

            明日の朝5時には横浜を出るので、9時ごろには福島に到着予定です。
            そしたら、スグ作業に行えます。
            後は、上手く加工できる事を願うばかりです。29日に間に合えばよいのですが。。

            〜おわり〜

            石英ガラスの割れる音。。

            0
               石英ガラスって割れると音が響くんです。普通のガラスより破損の時の音が高いような気がします…。

              だから、石英ガラスの割れる音がした時は、みんな全力疾走で現場に行きます。。
              治具に使う安いガラスが割れた時は、
              「あれは、石英じゃないよ。」と余裕の表情…
              この音判断、今までハズレた事はないです。 

              高い石英ガラスを、単純ミスで失敗したり、扱いが悪くて割ると、思いっきり怒られます。

              素直に破損の報告をすれば、
              「この、バッカヤロー!!!」と怒鳴り返される… 材料の価値を考えると、当たり前ですけれど。。
              主人(社長)は大声で怒鳴りすぎて、携帯のマイク部分を壊します。 
              何度かドコモに部品交換に行きまいたが、これにはドコモのお姉さんもビックリです。…普通は壊れないそうです。

              〜おわり〜

              1

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << November 2018 >>

              clock

              yokohamasekiei

              We make the parts of glass

              selected entries

              categories

              archives

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM